本文へジャンプ















登録に関する書類一覧
             車購入 車売却 住所変更 名義変更 抹消登録
1.自動車検査表(車検証)
2.自賠責保険証明書
3.自動車税納税証明書
4.車庫証明書
5.印鑑証明書
6.譲渡証明書
7.委任状
8.住民票


※車検証と印鑑証明の住所・氏名が異なる場合には以下のものが必要

 

・1度の住所変更があった場合

・・・・・

住民票

 

・複数回の住所変更を経た場合

・・・・・

戸籍の附票または住民票の除票

 

・氏名が変更している場合

・・・・・

戸籍謄本


1.自動車検査証(車検証)

何をするにも必要な車の戸籍謄本です。購入時は自分の名義になっているかを確認しましょう。
紛失した場合は陸運局で再交付が可能だが、コピーを取っておいたほうが無難です。

2.自賠責保険証明書


保険の名義人は必ずしも車の所有者でなくてもよいですが、自賠責保険が切れている車は
名義変更ができません。車検切れ車を購入する場合は新規に加入することになります。


3.自動車税納税証明書

車の所有者に対して毎年5月に納付書が送られてきますが、この領収書が納税証明書になります。
紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらうことも可能です。


4.車庫証明書

自動車の保管場所を管轄する警察署に申請して、警察官により確認後交付されます。
用紙は警察署にあり記入方法も簡単なので自身で申請・交付してもらっても良いでしょう。


5.印鑑証明書

発行後3ヶ月以内のものが必要です。各市区町村の役所で扱っています。
印鑑を登録していない人は、まず登録することが必要です。
地域によりその方法は違うので窓口で要確認。


6.譲渡証明書

定型ではなく、売り手と買い手が譲渡に合意したことが明記されていれば大丈夫です。
普通はお店に用意されているものを使います。
実印を押す必要があるので扱いには注意しましょう。

7.委任状


登録に関する手続きを自分以外に委任する意思を表示するものです。これにも実印を押します。
自分が直接陸運局に行って登録・抹消手続きをするならこの用紙は必要ありません。


8.住民票

車検証に記載されている所有者の住所を、現在の住所が異なる場合に必要です。
何度も引越ししている場合は全ての住所がつながるように旧住所の転出証明も必要になります。


上手な車の選び方

大部分のユーザーの方はまず予算を決め、好みの車種から候補を 

絞っていくようですが、是非、気に留めてほしい事がいくつかあります。



一無理のない予算を!

1.車両本体価格だけが予算ではありませんので、無理のない予算を立てておきましょう。

・購入後の維持費

・自動車税
・任意保険料
・ガソリン代

2.希望車種を相場価格より極端に安い金額で探そうとしないこと!
中古車に理由のない格安車はまず存在しません。


一保証内容をきちんと確認!

ただ安いから購入するという買い方はお勧めできません。
購入後の『保証内容』を確実に把握しましょう。
無保証の完全な売りっぱなしでは後々多額な金額がかかってしまうからです。
どこの中古車販売店でも保証がつくとは限りませんので
あらかじめお聞きになることをお勧めします。


一車選びはお店選び!

車を購入・維持する為にやるべき事をすべて自分で行うのはなかなか難しいものです。
そこで大切になってくるのが購入するお店や店員の人だと思います。
お店の規模や整備工場の有無などを基準にお店を選ぶ人も多いと思いますが、
それだけでなく、店員の対応も重視すべきです。
後に何かと頼れる関係が築けれるかどうかで、購入後の満足度も大きくかわってくるはずです!

応対は迅速かつ丁寧か?

質問に対し明確に答えてくれる『知識』をもっているか?

・検索

ある程度希望の車種が決まったら、インターネット・雑誌などで相場や状態を細かくチェック!
近辺だけにとどまらず全国に視野をおく事も大切です。


在庫確認

いきなりお店に行ってもすでに売約済みになっていたり、現車確認ができないケースもあるので、まずはTELやメールにて確認する事をお勧めします。
ここでお店の対応や雰囲気などが多少はわかるはずです!

目当ての車があったら

まずは担当者の名前を聞いておき、お店に伺いましょう
(ここで担当者の名前を聞くのには、せっかくお店まで行っても説明を聞けなかったり待たされたりなどをふせぎスムーズに対応してもらう為です!)
他にも類似車種の有無を聞いておくのも忘れずに!
一台だけを見るのではなくいろんな車を見て比較するのも良い判断材料になると思います。
何でも気になる事はすべて聞きましょう。


一お店に着いたら・・・

■車両状態■

まずはしっかりとスタッフから車輌状態、修復の有無などの説明をしっかり受けましょう!
(ここで曖昧な返事をするスタッフには注意が必要)修復歴車だからやめておこう、
走行距離が少ないから決めようではなく、現時点の車輌状態を明確に聞く事をお勧めします。
自分の目で見る!ボディーに歪みや塗装のムラなどがないかしっかりチェック!
雑に扱われていた気配のあるクルマはメンテナンスもおろそかだった可能性も大。
自分の手で触る! 動かせる部分は全て動かし損傷箇所がないか入念にチェックする事も忘れずに!


■試乗■

エンジンの吹けあがり、AT車なら変速ショックの大きさ、
MT車ならクラッチの切れ&つながり感、ブレーキの聞き具合、運転席からの視界、
乗り心地など自分なりに納得のいくものかどうかを確認しましょう。


    Copyright(c)Nurn・Stil. Rights Reserved.